読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学生の見る世界

地方国立医学部に通ってます。医学について、旅について思ったことを書いていきたいと思います。

エチオピア アディスアベバでのイエローカード取得について 2017 2月情報

アフリカ(エチオピアタンザニア)に1ヶ月程行ってきました。

 

タンザニア入国に際し、黄熱病流行地域からの渡航者は黄熱病ワクチン接種の証明書(イエローカード)の提示を求められます。

 

世界一周旅行者はタイで打つことが多いのですが、自分は持っていなかったのでエチオピア アディスアベバで摂取しました。

 

場所はブラックライオン病院

Google mapでは閉業と出ていますが2017 2月時点では問題なく打つことができました。

 

入り口は地図で出る位置よりも西に300メートル程行ったところにありました。

行くまでに閉まっているとかもうやってないとか色々言ってくる現地人が居ましたが、全て嘘なので気にしないほうが良いです。

おそらくもっとお金がかかる別の病院に連れてかれます。

 

費用は20ブル(100円)で日本で打つと10000円タイで打っても3000円程かかるらしいので破格でした。

必要書類に記入してお金払って5分程で終了。

 

f:id:hashikei1987:20170405151413j:plain

消毒が十分ではないのでアルコール除菌のウエットティッシュを持っている人は摂取前と接種後に注射を受けた部分を拭くと感染症対策になると思います。

 

安い理由として、ワクチンのお金はエチオピア政府が負担し、注射にかかる技術料のみ患者負担となっているから、だそうです。

摂取してから一週間ほどでイエローカードが有効となるので日程がタイトな人は注意して下さい。アフリカで日程までチェックすることは無いと思われますが念のため。